2018年10月17日水曜日

山口県 周防大島のチヌ・フカセ釣り





  
  投稿者名 大野純子さん 
  お住まい 広島県
  日時 2018年10月09日(火)
  釣り場 山口県 周防大島の渚
  釣り方 フカセ釣り
 天候 晴れ
 魚種 チヌ
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン 1号  
  



チヌ釣りを始めてから
長いお付き合いの釣り友さんと
周防大島の渚にチヌ釣りに行くことに
なりました。
                 
この釣り友さんと行く時は、
大体同じ釣り場なので、
行き先はいつも周防大島の渚。
                         
 
この釣り場は、干潮時しか歩いて行けないので、
朝遅くに大島の橋の近くに集合してから、
時間潰しのため、しばらく釣り話で
盛り上がっておりました。
   
    
11時くらいになり、
そろそろ行くかーーと、
1台で出発~。
そして、目的地に到着し、車を駐車したら...
ここからが正念場。
   
                  
ポイントまで砂浜を1kmくらい歩くという
釣り修行コースです。
                          
砂浜のためキャリーカートも使えないので、
荷物を最小限に...
                
ということで、
★ 釣り友さんの荷物入れとバッカン
★ 先にコマセを作ると水を含んで
   重たくなるので、
★ 現地で作るためのコマセ配合餌3袋

★ 魚お持ち帰り用に私のクーラー
★ 竿と杓は釣り友さんのロッドケースに
  一緒に入れて
それを2人で分けて砂浜を歩きます。
                 
     
   
そうそう。
★ 氷も重たいので車内に置いてきた
  釣り友さんのクーラーの中に
  入れております。
         
てことで、
★ 付け餌も常温で運ぶため、練り餌オンリー
という徹底した間引きっぷり荷物です。
                      
まぁ、真夏は炎天下だったから砂浜を
釣り道具を持って歩くのは砂浜からの
照り返しもあり、かなりしんどかったけど、
さすがに秋にもなると、
天気は快晴ながら暑さはなんとかクリアです。
    
                        
時々水没ゾーンがあるので、山側を歩いたりと
冒険したり、お喋りしながら歩いていたら、
ほどなくポイントに到着しました。
              
       
まずは、現地でコマセ作り。
比重の重たい系と濁り系の配合餌を使用です。
海水を混ぜて、手でこねたり、
足で踏みとコマセは完成っ!
           
私はいつものちょっと前に出た
ポイントに陣取り、
釣り友さんは、練習をするため
荷物入れを空にして
その中にコマセを入れて、
もう少し先の激流ポイントで
竿を出すことになりました。
                     
                      
釣り場は浅場ポイントで、
35mから40mくらい投げないと、
ちょっと厳しいかなって感じ。
35mくらいのポイントは潮は右に
流れているけど、
その手前は潮がどこかでぶつかったのが
流れているのか、ゆっくりと左に流れていて、
砂浜がぐるっとカーブをしているので、
流した仕掛けは岸に向かう感じになります。
                        
35mより手前に投げたら、
仕掛けをフグ御一行にもまれ、
その後は岸に着岸して終了なイメージでした。





色々と混ぜ物をしたあまりやわらかくしていない
黄色系練り餌を35mくらいのところに投げ、
どんな具合かガン玉なしで、
しばし流してみました。
                          
               
ずーっと見てみると流れた先が
ちょっと浅場になっていて、その手前にコマセが
たまりそうな感じ?
           
                          
てことで、浅場ポイント手前より前に仕掛けが
いったら仕掛けを止めて様子をみることにし、
今度はコマセを多めに撒いて第2投。
                    
狙いのところで仕掛けを止めて待っていたら...
1投目のコマセに寄っていたのか、
竿先がグンっと引っ張られましたっ。
                             
最近はモゾモゾとするあたりが多かったので、
久々にやる気のあるあたりに大興奮。
でも、釣り座の周りはワカメ群が
点在しているので、
巻いている最中にワカメの中に逃げられ、
大嫌いな藻抜き開始。
    
                   
竿が0号なので、
竿がやわらか過ぎて藻抜きも大変だったけど...
仕掛けを緩めてチヌが動くのを待っては
巻いてを繰り返し、なんとかかんとか
藻ゾーンからチヌを引きずりだしました。
             
釣れたチヌは塩焼きで食べて
一番美味しいサイズ(笑)



この後、
また同じような感じで流し、
またもやチヌを追加。
どうやらこの日は、
この釣り方がいいような気がします...。
                   
開始、1時間ちょいくらいまで、
仕掛けを変えずに続けていると、
このポイントでかかったり、
流している最中にひったくるように釣れたりと、
チヌの活性最高!!



このチヌは嬉しい40cmオーバー。
色々混ぜた練り餌が何だか
お魚たちのお口に合うようで、
他にもキュウセンや磯ベラと、
今晩の塩焼きコースの魚たちも
パタパタと釣れて、大盛況。



こういう釣行がたまにでもあると
ほんと楽しいっ。
そして、14時30分頃、
待ってましたの48cmのチヌが釣れました!!



このチヌはあたりが小さく、
多分、餌を咥えたままジトっとしていた感じで、
あたりをきいたら、ズシっときて、
思い出したように暴れん坊となりました。
                    
                 
そして、ラスト10枚目のチヌは、
思いっきり竿先が曲がり、
サイズこそ暴れん坊チヌほどじゃないけど、
この日一番の元気いっぱいのチヌでした!
                
ほんと、この日のチヌは元気モリモリで最高!



ラストチヌの針がかりはこんな感じ。



そういえば、
この日使用した針は
ネリエ&コーンの1号オンリー。




http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1130


バッチリといい仕事をしてくれました~。
ただ...ラストチヌが
14時45分頃に釣れたのですが...
それから、干潮を迎え、
満ち上げになってから潮が飛びまくって
まぁ難しいったら。
                        
離れたところで釣っていた釣り友さんも
お手上げ~
といって、私のところに戻って来て、
          
私も
潮が難しくてわけがわからん~
と釣り友さんにウダウダ言っていたら、
しばらくここで釣らせてくれと
釣り友さんが竿を出してみたけど...
                            
            
ベテランさんがトライしても
やっぱり厳しいみたいで、
1時間ほど頑張ってはみたけど、
もうやめやーーー
と、ギブアップとなりました。
                             
そういえば、
満ち上げの時は釣れたことないね~
と話しながら、片づけを開始...。
              
とりあえず、唯一まだ元気だったチヌには、
海にお帰り頂きました。



満ち上げから散々だったけど、
それでも、
12時くらいから14時45分までの短時間で
10枚釣れたのは私には快挙だと思いますっ!





10月9日
大潮(東安下)
満潮:8時40分
干潮:14時50分
竿:シマノ極翔硬調黒鯛 0号
道糸:シマノ ファイアーブラッド
    ハイパーリベルα
    ナイロンゼロサスペンド1.7号
ハリス: TORAY L-SE 1.5号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号








鹿児島県南さつま市 片浦のクロ・フカセ釣り





  
  投稿者名 柿添 賢さん
  お住まい 鹿児島県
  日時 2018年10月09日(火)
  釣り場 鹿児島県南さつま市 片浦
  釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 晴れ
 魚種 クロ(メジナ) 25㎝~43㎝ 20匹
 使用したハリ 金龍鉤 グレ(メジナ)4号~6号
  


クロ釣りシーズン到来!
良型クロを引きずり出す快感
                         
最近、朝、夕めっきり涼しくなった
10月9日に状況を確認するために
単独で片浦に行くことにした。
          
  
船長に状況を聞いてみるとまだ海水温も高く
クロ釣りの客も少なくコッパクロしか
釣れないとのことでした。
              
今回も海を眺めてストレス発散するとしよう。
     
嘉栄丸の長井船長で6時30分に出港し
トリ瀬に瀬上がりした。
     
久しぶりに瀬上がりすると気分爽快である。
日頃の仕事の疲れ、
かみさんの小言も
みんな吹っ飛んでしまうんだから
やっぱり磯釣り最高ですね。
               
                    
余韻に浸りながら撒き餌を準備。
いつものように
ヒロキューの新鮮なオキアミ1角を
半分は原型のまま残りは細かくつぶし
グレゼロとアドバンスグレを1袋ずつを混ぜ込み
上層のエサ取り対策と下層に分けと拡散性を
重視した全層のブレンドにした。
この撒き餌さを瀬際に撒きながら仕掛けを作る。

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=45


                
針は愛用の金龍グレ(メジナ)6号をセットした。

浅めのタナから攻めていく仕掛が馴染むと
すぐにコッパクロが釣れた
何度か入れなおしても状況は変わらない。
               
           
そこで浮力調整し撒き餌さを瀬際に多めに撒き
エサ取り対策とサラシによって払い出した下層の
ポイントに狙いを決めることにした。
                         
針もグレ(メジナ)5号に変更し仕掛を沖に投入し
仕掛が馴染むとクッションがゆっくり入っていき
ウキも流れを捕らへ入っていった。
なかなかいい感じだ。
                  
しばらくすると竿をひったくるダイレクトな
アタリがきた
合わせを入れるとずっしりとした力強い引きが
返ってきた。
               
竿を立て海底に突っ込む魚を浮かせる
何度かの突っ込みを交わし浮いてきたのは
立派なクロでした。
クロの魚影を見て思わず、ヤッホ―。

     

                        
慎重にタモに納めたのは43センチのクロ。
してやったりの1枚でした。
その後も同じ要領でコンスタントにアタリ、
手のひらサイズから35センチクラスまでを
追加して納竿となった。


                    
今から水温が下がり安定してくると
良型クロの数釣りが期待できると思う。
九州真ぐれ会 鹿児島支部
金龍 スペシャル スタッフ
柿添 賢






2018年10月13日土曜日

ノベ竿のアオケブフカセ・・・・秋編










  
  投稿者名 山崎 聖二さん
  お住まい 福岡県
  日時 2018年10月09日(火)
  釣り場 北九州市洞海湾、戸畑渡し場横の波止
  釣り方 ノベ竿のアオケブフカセ
 天候 晴れ 凪
 魚種 セイゴ50㎝ クロダイ40㎝ クロ30㎝他
 使用したハリ 金龍 メバル12号 アブミ11号
  


朝晩は涼しくなり、カレンダーも10月。
「さぁ、待ちに待った秋磯シーズン到来!」と
辛抱たまらず磯へ行くと
十中八九はエサ取りだらけで・・・
「う~む、やはり海の中はまだ夏か」
 という結末なのが今の時期。
             
頭では分かっているのに行かずには居れず
毎年同じ事を繰り返すのは
磯師の性ってやつなのかも。
はい、皆さんご唱和ください!
『秋磯は 思ったよりも ちょっと先』
山田君、座布団一枚!
                 
そんなわけで、
ここは秋磯の前に
ちょっと肩慣らしといきますか。
          

10月9日。
仕事を終え、
2時間ちょっとの夜釣りを楽しみます。
釣り場は
北九州市の洞海湾、戸畑渡し場横にある波止。
我が家からバイクで10分もあれば、
竿を伸ばしてエサ付けまでが完了する
超近場ですが、
時期と釣り方さえ間違えなければ
ご覧の釣果が望める穴場です。
                     
ちなみに、この日の釣行費用は
50グラム(300円ちょい)のアオケブと
缶コーヒーが一本。
釣り場に着くといつも通り
『おそらく魚の顔を見る事なく帰る
ルアーマンのお兄さん』
が数人いらっしゃいます。
                
一目見てベテランさんは
そっとしておきますが
『ではない方』の釣り人には
「ただ魚を釣りたいっていう感じなら
コレやってん? 面白いよ?」
と、余計なお世話を忘れない私。
               
◯アオケブフカセ
竿は3.6メートルの硬調ヘラ竿。
これにナイロンの2.5号を投げ縄結びで繋ぎ
フロロの2.5号をハリスとして1ヒロちょい直結。
道糸側に小型の電気ウキをセットし
ハリスにラバーコートガン玉を一個打って
12号のメバル針を結べば仕掛けは出来上がり。
         
ハリ選びは
・軸が長くてエサ付けが楽
・細軸なのでエサの動きが良く、
 イコール食い込みも良い
・細軸でありながら
 Hライン加工がされているから、
 太目のハリスでもしっくりくる。
                         
という理由から、チヌやセイゴが多い時は
メバル針を多用しますが
クロが多い場合はさらなる食い込みを重視して
アブミの11号なんかも使います。
            
ただ、小バリにすると
ほぼ100%飲み込まれるので私は避けております。
そう、『活き餌には細軸』が効果絶大!
            
エサのアオケブは元気な大物を一匹掛けで、
堤防の際っ際を攻めます。




当たりはウキに出る場合と、
誘い上げた時にコツンと手元に来る
場合がありますが
どちらも竿に魚の重みが
しっかりと乗るまで待って合わせる
『きき合わせ』がこの釣りの基本となります。
               
穂先に負担をかけない
軽量な小型電気ウキが使い易いです。
ちょいちょい行くならケミホタルはNG。


                
何もさせてもらえずに
瞬殺でブチ切って行く規格外の大物は別として
(この日は一回遭遇しました)
掛かったらとにかく竿を曲げることを考え
リールの代わりに足を使いながらガチで勝負。



この日はメイタ・・・いや、
チヌ・・・クロダイの当たりが多く、



ストリンガーは早々にキャパ超え。



(現地にもらい手がいない限り、
帰りに全てリリース)
               
おそらくどこの港、岸壁、堤防でも
何かしら楽しめる魚が居ますから
(特に夜は)
安全策を万全に、もし落ち込んでも
自力で上がれるような所を探して
ちょこっと行ってみてはいかがでしょう?
          
お手軽なタックルで
ビギナーにも簡単に楽しめる釣りなので
是非ともチャレンジしてみてください。
そうこうしてたら本当の秋磯開幕です!!




2018年9月26日水曜日

千葉県銚子市 川口一の島堤防の黒鯛ウキフカセ釣り




  
  投稿者名 我妻総一さん
  お住まい 茨城県
  日時 2018年9月23日(日)
  釣り場 千葉県銚子市川口一の島堤防
  釣り方 ウキフカセ
 天候 晴れ 23℃ 大潮
 魚種 黒鯛 45㎝ 
 使用したハリ 勝負ちぬ ストレート1~2号勝負ちぬ 
  


 残暑も落ち着き
秋の気配を感じられる様になって来たので
千葉県銚子市川口にある
一の島堤防に行って来ました。

5時に田中釣具店で受付を済ませ
滝田氏といざ Go



今回私達が目指すは赤灯
そこまで重い荷物をかついでの
移動が一番の難関


コマセはオキアミ3kに
チヌパワーV10白チヌ&遠投Gで
視覚アピールとテトラの穴から
誘きだす作戦


仕掛けは2Bに
勝負ちぬストレート1号と2号で
しっかり張り込める様にガン玉で調整




コマセを入れずにしばらく釣ってみたが
黒鯛からの反応がないので
コマセを撒きだすと早速フグが釣れ出したが、
朝一なのでウキに集中していると
いきなり消し込まれたが
痛恨のミスをしてしまった。


それからフグとサバの猛攻で1日中転々と移動


納竿まで約2時間
赤灯と白灯の曲がり角に潮溜まりが出来ていて
潮の色の違いを見つけ竿を出すと
エサが残ってきたので、
コマセの入れすぎに注意しながら
仕掛けが外れない様にコントロールして
誘っていると竿引きの当たりが来ました。



一瞬朝の出来事が頭を過り、
魚の引きを楽しむ余裕もなく一気に浮かせると
銀ピカの黒鯛が海面を割って上がってきた。


既に嬉しさが込み上げてくるのが分かったが
最後まで気が抜けません。


朝一から転々と移動し続け45cm







価値ある1尾と出逢えた瞬間
涙が出そうになる位嬉しくて体が震えました。







2018年9月25日火曜日

茨城県 北茨城 九ノ崎海岸の 黒鯛渚釣り 





  
  投稿者名 黒澤一天さん
  お住まい 茨城県
  日時 2018年9月19日(水)
  釣り場 茨城県北茨城 九ノ崎海岸 渚
  釣り方 渚釣り(ウキフカセ釣)
 天候 晴れ・長潮・22℃
 魚種 クロダイ(カイズ・ チンチン) 
 20cm~30cm 6枚、 
使用したハリ 勝負ちぬ 渚 ステルスグリーン 2号 
 勝負ちぬ ストレート 2号勝負ちぬ 
 チヌ(メジナ)白 3号 


9/18(火)
茨城県は夜中にゲリラ豪雨に見舞われ、
私の仕事帰りが深夜だったので
ちょうど重なってしまい、車のフロントガラスが
とても見づらくなるぐらいの雨が
降りだしていました。
                                    
そこらじゅうで深い水溜まりになっており
車の運転に気を使いながら帰路に着いたのを
覚えております。
                                                
翌日、9/19(水)は釣友である、
ウキ工房茨城支部の石川くんと
那珂川のリバーサイドちぬへ釣行予定を
たてていましたが、夜中の雨が気になり
私の経験上の話しになりますが、
大雨の次の日はあまり活性も上がらず
良い釣果に恵まれない経験から
釣り場所を変えることにしました。
                      
前々から私の師匠であり、
金龍鉤スペシャルスタッフの伊藤 武さんに
アドバイスをいただいていた、
茨城県の北茨城に位置する
九ノ崎海岸での渚釣りに変更です!



                        
この九ノ崎海岸は隣接する堤防でも
良い釣果がでるポイントで、
魚影は濃い釣り場なので
とても期待がもてはりきって釣行に
挑みました。
                          
                      
釣行当日は平日ということもあり、
釣り場には誰もおらず貸し切り状態です。
          
                           
釣り場の地形は
砂地に磯が絡んでいる渚場所で…
最初に選択した鉤は
ウキ工房の創立者であり
金龍鉤スペシャルスタッフの
岡田進さんが考案した
「勝負ちぬ渚 ステルスグリーン2号」を選択。
            
久しぶりの場所で、どのくらい魚の活性が高いか
未知数だったのもあり、這わしながらでも
使用しやすい
「金龍鉤 勝負ちぬ 渚 ステルスグリーン 2号」
を選択しました!

http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1136

                         
カラー選択ですが、地形に海藻が多い釣り場は
カモフラージュ効果もあるステルスグリーンを
好んで使用します。
                   
同行していた石川くんも同様に
「金龍鉤 勝負ちぬ 渚 ステルスグリーン 2号」
を選択!
                            
ハリスを這わせることも考えて
点在する沈み根への根掛かり防止しも兼ねて、
手返し重視する為に起用していました。
                          
スタート直後は水面に光が反射して
なかなかウキが見づらい中、
ファーストヒットは石川くんです!
                      
                 
絶妙なウキアタリを物にしヒットに
持ち込みました!
上がって来たのはきれいなカイズです。
「金龍鉤 勝負ちぬ 渚 ステルスグリーン 2号」が
ガッチリフッキングされており、
釣り状況にマッチしている使用感でした。
それからは沈黙が続き、
私もエサ取りが多い中、苦戦を強いられ
あの手この手で試してみますが
なかなか結果が出なく
釣り座も変えながらトライしていましたが
とうとう夕マズメに突入、




もう少しで日が暮れてしまうので
最初に石川くんがヒットさせた場所に
再び戻ってくると…奇跡です(汗)
                
1投目からカイズがヒット!!
               
               
沈黙が破られ、急いで石川くんを呼び戻し、
2人で釣り始めると完全に時合に突入!
      
                              
魚の活性が上がり上ずっているのに気づき、
タナを詰め鉤を飲み込んでしまうので
掛け合わせに持っていく為、
「金龍鉤 勝負ちぬ ストレート 2号」
へ変更です。
http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=78

                      
石川くんも
同タイミングでワンランク号数を上げ
「金龍鉤 チヌ(メジナ)白 3号」
へ変更しました。
               
袖の長い「勝負ちぬ」「チヌ(メジナ)」は
掛け合わせのしやすい鉤なので
ウキアタリを素直にあわせて行くと
ガッチリフッキングされており、
カイズに飲まれず、
魚へのダメージも少なく釣り上げられ
手返し重視で釣っていく事ができました。
                        
                   
そこからヒットが続き、暗くなるまで
チンチン・カイズを
8枚釣ることができました!


               
※写真のクロダイはカイズだけです。
元気なうちに小さいチンチンは
リリースしました。
朝からガッツリ諦めずに
約12時間釣りをしていた成果がでて、
この日はこれにて納竿に致しました。
                 
とても疲れましたが、
サイズは小さいながら
北茨城九ノ崎海岸の渚を攻めきり
釣果を導き出すことができ納得した
釣行になりました。
                   
             
9月も
もう少しで終わってしまい
10月は水温が落ち始め、
良い時期になりますので
クロダイ求めて釣りに励みたいと思います!

※ウキ工房 official website
http://www.ukikobo.com/2index.htm

※黒澤一天の…クロダイ修業!?一天勝負!!
http://blog.goo.ne.jp/03220429
上記のwebでも、
釣行記を紹介させていただいています。










千葉県鴨川市アシカ島のフカセ釣り





  
  投稿者名 赤嶺鉄平さん
  お住まい 千葉県
  日時 2018年9月20日(木)
  釣り場 千葉県鴨川市 / アシカ島
  釣り方 フカセ釣り
 天候 曇/若潮
 魚種 メジナ25~37㎝ 15 匹以上、 
 イサキ25~30㎝ 5匹、 
 ソウダガツオ(ヒラ)、石鯛 
使用したハリ 勝負グレ早掛け5号、8号

本日は千葉県の鴨川沖にある
一級磯の「アシカ島」へ行ってきました。



              
房総半島で唯一、尾長メジナや真鯛、
イサキが狙える沖磯で石鯛師からも
人気のある磯です。
                    
道糸は今回からPE0.8号を使用。
中ハリスとして1.7号のナイロンハリスを通し、
本ハリスには
フロロ1.5号を使用。
                            
針は最近ではよく使う
勝負グレ早掛け8号をチョイス。
             
http://www.kinryu-hline.co.jp/shop/?p=1220



早々に準備し、
朝5時半過ぎに釣りをスタート!
                        
この日は若潮だった為、
潮に乗せる釣りではなく
サラシの切れ目を狙うことにしました。
                      
開始早々から竿1本~1本半のタナで
良型のイサキと25~30㎝前後のメジナが
コンスタントに釣れます。
また、小さいながら石鯛もお目見え。


                
陽が完全に上りだすと、
イサキやメジナの活性が落ち、
アタリが遠のきます。
変わりに大量のエサ取りが登場。
                      
それからは足元にエサ取りをしっかりと寄せて、
遠投かつ深タナで良型メジナを
狙うことにしました。
同時にハリスを1.2号、
針を勝負グレ早掛け5号へ変更。
                             
すると、竿2本ほどのタナで早々に
良型のソーダカツオ(ヒラ)がヒット!
嬉しい外道です。
                
さらに今度は尾長メジナが連続ヒット。
サイズもこの時期にしてままずまずの
35㎝以上がポツポツとヒット。





この日は37㎝の尾長が最大魚でしたが、
納竿間際には
水面まで寄せた40㎝近い尾長を
タモ入れ寸前でバラしてしまうという
残念なシーンもありました。
                              
この日は
午後12時頃から本格的に大雨が降る
予報でしたので、
11時頃には早上がりとなりましたが、
満足のいく釣果で本日の釣行でした。
                      
初めて使ったPEラインも
違和感なく使えこなせ、
むしろアタリがダイレクトに穂先に伝わり、
軽い力も遠投できるので、これからは
PEラインがメインラインとなりそうです。
                           
この日は1日通して
勝負グレ8号と5号を使いましたが、
相変わらず抜群の刺さりを発揮しており、
とても信頼できる針で
あることを改めて実感しました。