2020年7月8日水曜日

福井県 鷹巣港沖の鯛ラバ テスト釣行






 
 投稿者名 金龍鉤社員S
 お住まい 兵庫県
 日時 2020年06月某日
 釣り場 福井県 鷹巣港沖
 釣り方 船釣り(タイラバ)
 天候 晴れ 
 魚種 マダイ72~68㎝ 3匹 
 使用したハリ 鯛ラバ専用「喰わせ鈎 バーブレス」他
 鯛ラバ専用「掛けあわせ鈎SB」他

6月某日 
鯛ラバ専用フックが発売されて
ちょうど1年・・・。
今度は
PEリグのアシストフックの商品化を
検討してテスト釣行して参りました。
 
その最終テストを
『モンスター真鯛相手にやろう!!』・・・と
スペシャルスタッフ 
佐々木洋三氏の一声で
福井県 鷹巣港に
釣行してまいりました。
 


天候は晴れ しかし、波も潮も風も
穏やかすぎて 船が流れない・・・。
 
魚探の反応はあれど、
追ってこない状況が
暫し続きました。 
 
『海鷹』のアラタニ船長は
『風』を探して 
きめ細か操船で次々とポイントを替え、
良い条件を探してくれました。



その時々の指示棚に集中して
アタリを待つことに・・・。
 
ここからはダイジェストにて・・・。
詳細は週刊釣場速報7/3号の
佐々木氏の記事にて・・・。(笑)




まず私から 72㎝
カーリースカートで
アピールを効かせて!!



「鯛ラバ 掛け合わせ鈎」でした。



ステルスブラックカラーは
沈下する程にフックの姿を見え難くする
カモフラージュカラーです。
今回の食い渋りには効果アリ!!
でした。


その後 68㎝

 




これはもう一つの喰い渋り時の効果!!
佐々木氏推奨の「1本鈎」仕掛で
GETしました。
   



 
「鯛ラバ 喰わせ鈎マイクロバーブ」
でした。

その後 70㎝を追加できました。
 


さあ・・・
潮流や風が変わり
そこからが佐々木氏の
真骨頂です!!
 


パターンが決まれば連発でした。




電動鯛ラバの技も
披露していただきました。


 
終焉間際 最後のひと流しで 73㎝ 
本日一番の大物を
仕留められました。
「鯛ラバ 喰わせ鈎バーブレス」
1本鈎仕掛でした。







唇の軟らかい処に喰い込んで、
ガッチリホールドしていました。
 
バーブレスなので
ハリはずしもペンチ等の
道具は不要!! 
カンタンに指で外せます。







他にも1本鈎は
「鯛ラバ 掛けあわせ鈎」でも
効果がありました。
200gヘッドでの
DEEP&ドテラ流し
・・・・ 圧巻でした。

 






『ハチマルモンスター』は
現れませんでしたが
いずれも大鯛ばかり・・・。
更に翌日、
船長が「ハチマル」GET!!



の情報を聞かせれれば・・・
悔しい限りです。 
 
テスト釣行の結果は上々、
今秋へ向けての
商品化を進めてまいります。
    
それにしても・・・ハチマル・・・・
仕事ではなく 釣師として
通わねば・・・(笑)


2020年7月6日月曜日

山口県岩国市 由宇港のチヌフカセ釣り



 投稿者 稲田裕俊さん (同行Sスタッフ 大野純子さん)
 お住まい 広島県
 釣行日時 2020年06月14日(日)
 釣場 山口県岩国市 由宇港
 釣り方 ウキフカセ
 天候 曇り 小潮 風1m~2m 波 0.5m
 魚種 チヌ サイズ25~42㎝8枚
 使用した釣鈎 勝負ちぬネリエ&コーン1号
たまにはいいかぁ~
と2日連チャン釣行です!
     
土曜は大黒神島磯へ行き
日曜は釣り友達の純子さんを誘い
近所の波止へ
        
と言っても
何年振りかな~5年振りぐらいかな~
以前この波止へ行った事があり
昔話しで道中は盛り上がり 
あっと言う間に現地に着き
テンションは上がりまくりでした
         


ココの波止って大型が来るんです!
真鯛80㎝や石鯛も
良型が上がるんですよ!
 
この日は朝は引き潮で満潮は夕方なので
朝はゆっくり出来ました。
 
午後からだからコマセは少な目で
オキアミ1.5㎏にコマセは3袋
少し物足りないけど 
やってみました。
          
ココの場所は護岸から
約50mぐらい沖に
出てる波止です。



波止の下はスリットになってて
潮が打ち寄せる度にスリットとの
中へ入り込み 
そのまま払い出され良い感じの潮に
なります。


  
払い出される方でチャレンジ!
      
コマセは真下に落とし
ゆっくり流して釣り開始です。
先ずは探るためオキアミから 
ある程度流してアタリを
待つけど無反応…。
 
ガン玉を追加して
探るも全く生命反応ゼロ。
一方の純子さんは 
早くもアタリを捉えて
本命のチヌゲットしました!





 
釣り方を聞いてみると 
私と逆の釣り方でノーガンで 
ゆっくり落として30mぐらい
流し中層でアタリが
あったそうです。
 
型の方は 
なかなかの良型!42㎝!
仕掛けと釣り方を聞いて
軽い仕掛けで鈎はいつも愛用の
金龍鈎
勝負ちぬネリエ&コーン1号です!


 
同じように流して待っていたら
アタリ!
あ~このチヌ上げるの辛いなぁ…
型が…ジッシリ感がない!
軽い!


        
上がって来たチヌは 
可愛い30弱。


 
2人共なんとか釣れたので
ホッと一安心。
ここから悪戦苦闘です!
 
中層を探るも
食わないエサを変えても
仕掛けを変えても全然ダメ!
 
最初のアタリから 
3時間も無反応!完全に心折れ
何が正解かわからない状態。
 
そんな中
満ち上がりの潮が味方してくれ
満潮前後の地合いが来ました!
今しかない!
     
2人共 
地合いを逃すまいと集中。
すると純子さんにアタリ!
ん~竿があまり曲がってない~
フグ~と思ったら
いいサイズのカサゴでした~。



羨ましい~
カサゴでもいいから釣りたい。
      
数釣りすれば 
良い晩ご飯になるからね。
 
続けて純子さん 
また来ました!
完全に地合いです!
今度は間違い無くチヌです。
かなり流してたせいか
中々上がって来ません。
やり取りを楽しみながら
上がって来たチヌは
またまた良型です!
流石ですね!
 
コチラにも良型来い!
と 願いが通じ来ましたが
またまた上がって来たのは 
小さいチヌ…


 
型だけは選べない
自然には勝てませんね…
 
その後2人共コンスタントに
釣れ始めた頃に
コマセが無くなり
片付けしてたら
純子さん
予備で冷凍コマセを持ってて
使っていいよっ
て言ってくれ少しだけ余った
コマセと混ぜる事に。
ありがとう~!


      
諦める事が出来ず
1枚だけ良型を釣りたい!
コマセが出来上がり
再び釣り再開したものの
また小さいチヌ…




こんな日もありますね。
参りました…
純子さんは日没間近に2連発!
凄い!


 
粘り勝ちですね。お見事!
午後からの釣行で渋い中
2人共4枚ずつでした。





2020年7月3日金曜日

鹿児島県 枕崎漁港のチヌ釣り





  
  投稿者名 柿添 賢さん
  お住まい 鹿児島県
  日時 2020年06月29日
  釣り場 鹿児島県 枕崎漁港
  釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 雨のち晴れのち雨
 魚種 ちぬ48cm4枚  35cm1枚
 真鯛35cm1枚
 使用したハリ 勝負ちぬヒネリタイプ 2号~3号


わっぜか、ちぬの引きは最高。
 
6月も後半になり
鹿児島県の梅雨も
本格的になり
各地で大雨を
もたらしています。
 
コロナも自粛解除になり
ストレス発散です。
       
6月29日、
今日の予報を見てみると
午前中はどしゃ降りで
昼から晴れて夕方から
また雨になる予報です。
        
予報を信じて
早速釣りの準備に掛り
11時に出かけました。
 
昼からの5時間の釣りに
なります。
      
12時に港に着くと
まだ小雨が降っていますが
もうここまで来たら
かまいません。(笑)
    
早速撒き餌を作ります。
昨夜からの雨で
海も濁っているので
オキアミ半角と
生さなぎ黒鯛・チヌテンを
描く1袋を硬めに仕上げ
深タナでちぬを足止めして
寄せることにしました。
       
ウキは17GTR 000を使用
針は金龍針 
勝負ちぬヒネリタイプ3号を
チョイスしました。
 
竿1本先にポイントを決め
撒き餌を10杯ほど撒いて
仕掛けを投入するが
何の反応もありません。
オキアミも
そのままの状態で帰ってきます。
          
そこでウキを流れに乗せないで
少しラインを張り気味に
待っていると
20センチほどの
アジが掛かってきて
その後も何枚かの
アジが釣れました。
 
仕掛けを投入し
3杯ほど追い撒き餌して
ラインに張りを持たせて
待っているとラインが走りました。
           
大きくはないけど
引きを楽しみながら浮かせると
真鯛でした。
嬉しい外道です。
 
同じポイントに
2時間ほど撒き餌を撒き続けて
撒き餌も効いてくると
勢いよくラインが走り
穂先を叩きました。
キタ~。
今までとは違う引きに
慎重に浮かせ取り込むと
48センチの良型のちぬでした。


          
もう一枚追加したところで
流れが速くなり
仕掛けが入りずらくなり
ウキにバランサーを
追加しましました。
         
道糸も流れに
持っていかれないように
潮上に振って張りを
持たせながら入れ込んで
いきました。
 
撒き餌が効きはじめ
アタリが出始めてから
3時間でちぬ4枚・真鯛1枚を
釣ることが出来ました。


           
勝負ちぬヒネリタイプは
沈下とともに潮色に同調し
カモフラージュして
違和感をなくし
チヌの口にがっちり
掛かるヒネリタイプが
釣果につながりました。


      
楽しませてくれた
釣り場の撒き餌を流し
掃除をして帰りました。
       
みなさんも
きれいな釣り場が
保たれるように
協力お願いします。




2020年6月29日月曜日

鹿児島県南大隅町尾波瀬 磯のイサキ釣り




 投稿者名 朝倉洋明さん
 お住まい 鹿児島県
 日時 2020年06月20日(土)
 釣り場 鹿児島県南大隅町尾波瀬 
 釣り方 全遊動
 天候 曇りのち雨
 魚種 クロ、イサキ(33枚)
 使用したハリ 勝負グレ6号


二か月半ぶりの釣行
コロナ緊急事態が明けての
久しぶりの磯釣り。
 
「やっぱり磯は最高ですね」
 
南九州も梅雨に入り
憂鬱な日が続く
6月20日5時半尾波瀬港を
出港した。
            
前日からのうねりが残り
少し波の高い状態なので、
西側の涅槃城下側の地に
着けてもらった。


         
早々マキ餌を作り、
仕掛けも準備した。
釣研のウキXライナー
(HEAVY)0号を使用し
ハリスにキンリュウの勝負グレ6号
を使用した全遊動をセットする。



マキ餌を多く撒き仕掛けを流すが
反応がなく、
付けエサも取られない。
           
一時間ほどすると潮が流れ
付けエサも取られるように
ウキに反応があったのは
「コッパちゃん」
           
さらにクロの30㎝
段々テンションが上がりますね。


        
マキ餌が効きだすと
30㎝強のイサキ連ちゃん、



「イサキの上顎に
勝負グレ6号がしっかり掛かり
イサキも口切れを起こさず
確実にゲット
私が信頼する鈎です」。
潮が動き潮目を狙うと
確実にイサキ。
        
潮が当潮で瀬際を狙うと
40㎝弱のイシダイにクロ。



潮が止まるとエサ取りの
ベラやイチノジ、



ひきりなしに何かが釣れます。
 
「楽しいですね」
         
時間も昼が回り
イサキの代わりに
グルクンが釣れ初め
群れが入れ替わったか。


      
納竿まで、
いろんな魚が釣れ
楽しい一日を過ごした。
「二か月半ぶりの釣行やっぱ最高です」



2020年6月26日金曜日

広島県江田島市 大黒神島のチヌ ウキフカセ釣り





  
  投稿者名 稲田裕俊さん 
  お住まい 広島県
  日時 2020年06月13日(土)
  釣り場 広島県江田島市 大黒神島
  釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 雨のち曇り
 小潮  波0.5m 風 1m
 魚種 チヌ37㎝~42㎝ 7枚
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン 1号
 



久しぶりに釣り友さんから
お誘いがあり
磯に行こうと…
          
場所は広島県江田島市 
大黒神島に…。

大黒神島と言えば 
この時期、広島の方は筏が
爆釣するから大人気だけど
まだ大黒神島の磯には
降りた事は無く・・・
磯に降りました。
         
釣り友さんが渡船の中で
詳しく教えてくれ
稲さん!
ココ!
良いよ!
竿出してみて!って
      
手前からズドンと落ち
ドン深…。
    
言われるがまま 
降りる事に。



この日9時ド干潮で 
どんどん潮引いてて
釣りやすい状態です。
さぁ~初めての磯で
うれしくてワクワク感が
抑え切れない…
         
ささっと準備して 
きっと釣れるだろうと
活かしバッカンに海水を入れ
後はココに良型チヌが
入る予定…。
     
ウキの選択に悩み
何個か活かしバッカンの中へ入れ
浮力確認。



ウキが決まり 
鈎はいつも御愛用の
金龍鈎 
勝負ちぬネリエ&コーン1号です。


           
さぁ第一投!
思ってた以上に潮は早く
悪戦苦闘の釣りなりそう
と思ってたら 
明確なアタリ!
  
あれ?
軽い!
残念!
フグと思ったら
可愛らしい真鯛でした。


         
アタリが無いよりマシか?
とポジティブになり
やる気満々。
     
すると また来ました!
今度は違う 
しっかり竿先に乗り重みを感じ
間違いない!チヌです
     
手前はドン深と言っても
ゴロゴロ シモリがあり 
やり取りは面白いけど
バラシだけは嫌!
貴重な一枚!
慎重にゆっくり上がって来た
チヌはお腹パンパンの
重量感あるチヌでした。


          
ボウズ回避出来て 
ホッと一安心。
           
続けとばかりに
手返しよくやり
少し潮が早くなり何だか 
ちょうど良い潮!
緩くも無く
早くも無く
連発に期待!
ん?
食って来ない!
少し長めに流して
止めて待ってたら 
いきなり前アタリも無く
強烈な引き!
やり取り中 
こっちに寄って来ない!
あっ!
藻に入られた~!
 
すぐにラインを緩め 
さぁ~藻抜きです。
バラシたく無い一心 
格闘する事5分
何とか藻抜き出来たけど 
チヌに藻が絡んでいたから
重い!


       
この重さがチヌならと
苦笑いでした。
        
藻際にチヌは居る!
同じポイントに投げ込み
ここから少しだけ
間は空いたけど
連発モード突入!
          
藻際だけに鈎外れしないか
ラインブレイクしないか
心配はしたけど 
   
ここは 
愛用の信頼ある金龍鈎
この鈎の特長は短軸で
結び軸に
縦溝が入っているから(H-LIN E)
1度結べば緩む回る事は無くなる
鈎になります。
食い込みも抜群です!


 
是非 皆さんお試ししてみて下さい。
連発後あっと言う間に地合いが終わり
急に食わなくなりこの日天候も悪く
コマセは3袋と少な目 
昼ぐらいに無くなるペース…



食わない時は釣り場を
休めようと回りの景色を見てると
あっ!
いつか行きたい場所発見!
渚です!
目と鼻の先!
瀬変わりしたい…



次回釣行楽しみが
また増えましたぁ~。
なぜなら 
ココの渚でロクマルが
出てるんです!
 
ポイントを休め釣り再開です。
コマセが少なくなり
心細いけど釣りたい!
チヌはまだ居る!
底付近にコマセは
溜まって食って
寄ってるはず!
 
投げ込んで1杯だけ撒き
潮が速いから
張り気味で待ってたら 
また来ました!
型はレギュラーサイズだけど
引きだけは強く
やり取りは楽しかったですね
             
早速 鈎掛かりチェック!
えっ!
ビックリ!
口皮一枚で掛かってました!



流石 
鋭い金龍鈎!
ガッチリ刺さって
安心しました。




 
魚影の濃い大黒神島
次回は渚に行ってきます。