2019年7月17日水曜日

徳島県 鳴門海峡の鯛ラバ釣行





 
 投稿者名 金龍鉤社員S
 お住まい 兵庫県
 日時 2019年07月13日(土)
 釣り場 徳島県鳴門市亀浦漁港出船~鳴門海峡
 釣り方 船釣り(タイラバ)
 天候 曇りのち雨 気温28℃ 若潮
 魚種 マダイ50㎝迄 
 使用したハリ 鯛ラバ専用「喰わせ鈎 バーブレス」他
 鯛ラバ専用「掛けあわせ鈎」


金龍鉤スペシャルスタッフ
佐々木洋三氏からのお誘いで
急遽、佐々木氏のお仲間の皆様と
鯛ラバ釣行に同乗させていただきました。
 


アクティブ・シニアと呼ばれる皆さん、
中には釣りビギナーの方も居られました。
 
乗っ込み終了の真鯛の喰いが
どれだけ回復しているか?
  
そして、いよいよ発売となる
佐々木氏監修の
「鯛ラバ専用フック」を お披露目する為に
結果を出さねば・・・・・と、
少々、気合と緊張の釣行となりました。
    
お世話になったのは
徳島県鳴門市鳴門町 亀浦漁港の
釣り船「つるぎ」さん
 


西上船長とは出船前に
熱く釣鈎談義をしてしまいました。
真面目で丁寧、そして優しい船長です。
http://www.nmt.ne.jp/~turugi/
  
今回の釣場は
「うず潮」で有名な鳴門海峡・・・
つまりは 
ブランド魚の「鳴門マダイ」を狙いました。
 
鳴門大橋をくぐり
うず潮観光も させて貰いながら
10分程で釣場へ!!

  



タックルは
ヘッド:レッド60g
スカート:カーリー黒/赤
ラバー:無し
リグライン:PE6号 
ソリッドリングに2㎝x4㎝の段差2本鈎




  
フック:鯛ラバ専用喰わせ鉤
マイクロバーブ8号 TAFFCOAT






水深50m前後で 底から10mを
フォール&スローリーリングして3回目
ファーストヒットは 
ありがたいことに 私でした。




 
小さかったのですが 
底に引き込むパワーは強烈‼
さすが「鳴門マダイ」!! 



1尾目ですから慎重に取り込みました。
 
ハリ掛かりは
真鯛のクチビルの先にガッチリ!!


 
まず、
真鯛の口腔に確実に喰わせて、
上アゴや歯の固い処に留まらず・・・
真鯛が反転した時に
カンヌキやクチビルの柔らかい処に
確実に掛ける・・・。
 
佐々木氏が構築した
このハリのコンセプトどおりに
仕留める事が出来ました。
 
その後、船上は 50cmオーバーの真鯛
ホウボウ、鯒など、
乗船した皆さんがゲット!!

     
 
佐々木氏も 本日一番の真鯛を仕留めて
この笑顔!! 


 
佐々木氏が使用していた
フックは「鯛ラバ専用喰わせ鉤」
バーブレスフック』のハリ掛かりに
「どやっ!!」



一本鈎仕様のリグで 見事に掛かっています!!

 


 

このハリの良い処は バーブレス故 
ハリ外しにペンチが要らないのです。
  
つまり、簡単に指で外せますので
ハリを傷つけたり、変形させる事が 
まずありません。
 
釣り終盤 雨が降り、
体が冷えながらも
皆さん頑張って釣果を伸ばして
おられました。



 
私も、3尾追加!! 
計4尾でのフィニッシュ!!
(5尾目は佐々木氏に貰いました)
  
当日、4社の鯛ラバヘッドで
それぞれの仕様に合わせた
釣り方、リグを試し、
順応力・対応力を試釣、体感しました。
  
結果、
この鈎が「釣り味を重視」した理想どおりの
答えを出す事が出来ている事が判りました。
 
メーカーの者としては、
安堵と同時に自信・・・いや確信をもって
市場に提供できると考えています。
 
近々HPで商品情報提供を開始
させていただきます。
       
また、今回は結果を出せませんでしたが
「ドテラ&DEEP」対応の「掛けあわせ鈎」
もラインナップ!!




近々、このフックは
佐々木氏のレポート(雑誌記事かな?)
が入る予定です。
 
さて 雨で冷えた体は
鳴門の「うどん丸亀」さんの名物
「焼うどん」で温めて、



釣った魚は 翌日から
「鯛三昧」でいただきました。
刺身、ムニエル、アラ炊き、鯛めし・・・



アラ炊きの残りのつゆで
「鯛そうめん」も・・・。
「鳴門マダイ」旨し!! でした。






2019年7月16日火曜日

茨城県鹿島灘ヘッドランド 黒鯛ウキフカセ釣り 7月





 投稿者名 佐川 真人さん
 お住まい 茨城県
 日時 2019年07月04日(木)06日(土)
 釣り場 茨城県鹿島灘ヘッドランド
 釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 .曇りのち雨
 魚種 4日 クロダイ  35㎝  1 枚
 6日 クロダイ   32~34㎝ 3枚
 使用したハリ 勝負ちぬ渚釣り専用ステルスグリーン3号
 勝負ちぬストレート3号


7月4日に
また鹿島灘ヘッドランドに
夕方挑戦してきました。
  
着いてみると少しうねりがあり
外側ができないので南側に
釣り座をかまえました。



   
夕方の短時間勝負なので
急いで用意をすませ、
際を攻めるので根掛かりを考慮し
鉤は勝負ちぬ渚をセットし始めると
フグさんが活発ではありませんか!!
   
どこを狙ってもフグさん!!
どうしたもんかなと悩み
餌とり対策の基本ですが、
手前テトラの所に捨てコマセを
コンスタントにうって
餌とりを寄せて、
   
微量にコマセが効いている
離岸流の筋にゆっくりと流すと
ウキがしもり当たりと確信し
あわせるとフッキング成功です!
   
元気に走ってくれてあがってきたのは
35㎝のクロダイでした!


  
勝負ちぬ渚3号はがっちり刺さっていました!

https://www.kinryu-hline.co.jp/?p=52

        ここをクリック↑↑
作戦通りに釣れると嬉しいですね!
それから追加を狙いますが
何回か怪しい当たりはあるものの
のせきれず納竿としました。
   
そして、7月6日に
またヘッドランドにやって来ました!
     
15時に着くと海は荒れていました。
真ん中のテトラはまともに波が被り
他のテトラも上れる状態ではないので
安全を考慮し少しは波が低い
南側の内側付近に釣り座をかまえました。




   
しかし、かなり荒れていて
北東の強風であきらめるか悩んでいました。
そんな時、また私の師匠で
金龍鉤スペシャルスタッフである
「伊藤 武」さんの言葉が頭に浮かびました。
      
どんな状況でも
観察をしてみること!!
どこかにヒントがある!!

      
まず、風向きうねりや波の高さ
離岸流の位置などを
じっくり観察してみると、
離岸流と波がぶつかりヨレガでき
うねりが二分くらい静まる時があるのを発見!
    
よし‼ それに賭けようと、
コマセを丁寧に粘りがでるように作りました。
掛け合わせ重視にしたいので
勝負ちぬ3号をセットし始めました。

https://www.kinryu-hline.co.jp/?p=98
ここをクリック↑↑
              
離岸流へのコマセワークは
以前師匠に教わったやり方で
狙いのポイントにコマセが
溜まるようにしました。
          
何回か流していると
たまにフグが気にならない程度に
釣れはじめて、しばらくすると
オキアミが残るようになってきたので
集中しているとウキが急にしもり
あわせるとフッキング成功です!
    
すぐさまロッドワークで
離岸流にのせてからだんだん弱らせ
慎重に寄せてあがったのは
34㎝のクロダイでした。



         
勝負ちぬ3号はがっちり刺さっており
やはり安心してやりとりができる鉤だ
と思いました!
         
このタフコンデションの中の
一枚は格別でした!
   
喜びもつかの間だんだんうねりや風が
ひときわ強くなってきたので
これは短時間勝負と思い
すぐ始めるとまた同じポイントで
二枚連続で釣れそこで納竿としました。
このような状況で三枚は奇跡だなと思いました。



またまた、師匠に感謝する釣果となりました。
    
どの様な状況でもすぐ諦めるのではなく
安全を考慮しながら観察することが
大切だと感じた釣行となりました。
          
また、挑戦したいと思います。




2019年7月4日木曜日

茨城県鹿島灘ヘッドランド 黒鯛ウキフカセ釣り





 投稿者名 佐川 真人さん
 お住まい 茨城県
 日時 2019年06月30日(日)
 釣り場 茨城県鹿島灘ヘッドランド
 釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 雨
 魚種 佐川さん クロダイ 32~38 ㎝ 5枚
 澤幡さん クロダイ 32㎝ 1枚
 使用したハリ 勝負ちぬストレート3号
 勝負ちぬ渚釣り専用ステルスグリーン3号


今回は金龍鉤愛好者で釣り友の
澤幡さんとヘッドランドに行ってきました。

目的のヘッドランドに着くと
釣り友の渡辺さんが先にやっていまして
状況を教えてもらうと
フグが凄いとのことでした。
  
渡辺さんは強い雨にうたれ
冷えすぎてしまい早めに帰りました。
              
ありがたい情報をもとに、
澤幡さんと丁寧にコマセを作り
私は勝負ちぬ渚ステルスグリーン3号、
澤幡さんは勝負ちぬ3号をセットし、
いざ始めるとウネリ強く波も高くなり
狙う場所が限られました。

    
このような状況でも、
師匠である「伊藤 武」さん曰く!!
『周りをよくみて観察し、
 かならず何かしらヒントがある!』

との言葉を思い出し
      
時々ウネリが緩くなる瞬間があり
そこで勝負かけようと思い
根際にうまく仕掛けを差し込むと
思った通りウキがシモリ
あわせを入れフッキング成功です!
 
元気に走りあがってきたのは
キレイな32㎝のクロダイでした。
 
このしんどい条件で釣れたのは
サイズを問わず嬉しい限りでした。
あらためて師匠に感謝でした。
           
パターンが分かり
同じく流し連続で二枚追加でき
38㎝のクロダイもでました。


                
勝負ちぬ渚ステルスグリーンは
しっかり刺さっていて
これなら逃げられません!

https://www.kinryu-hline.co.jp/?p=52
ココをクリック↑↑
            
三枚釣り上げたところで
波が高くなり二回程波を被りました。


       
安全を考慮し
北側の場所をあきらめて
南側に釣り座を移動しました。 
            
今度は勝負ちぬ3号に変えて
また同じような攻め方をしていると
デカイ波がきてまた
バッシャッーン~
となり
まともに頭から波を被り
冷たいなと思っていたら
竿持ってる手に
   
「ゴンゴンゴン」!
「ん?」っクロダイだぁー!

         
なんて掛け方したんだ?
と澤幡さんと笑いながら
あがってきたのは
またまたキレイな35㎝の
クロダイでした。
            
澤幡さんも次は自分とばかりに
気合いを入れ集中していると…
「来たよ~」
と振り返るとおろしたての竿が
良いシナリ!!
慎重に寄せてアシストし
あがってきたのは元気な32㎝の
クロダイでした。


      
勝負ちぬ3号が
がっちり刺さっていました!
        
https://www.kinryu-hline.co.jp/?p=98
ココをクリック↑↑

澤幡さんは初めてのヘッドランド
おろしたばかりの竿で
クロダイが釣れて最高な笑顔でした~
        
段々ウネリも弱くなり
攻めやすくなり
フグさんがまた活発に・・・。
     
テトラ際にピタリ張り付け
集中すると
「ジワァ~」
とシモリ
あわせてまたまたフッキング成功です。
         
元気にあがってきたのは33㎝の
クロダイでした。


       
違和感なかったのか
勝負ちぬ3号を丸のみでした。
       
辺りも暗くなり
この一枚で納竿にしました。


 
あまりよくない状況で
二人で釣果がでて良かったです。
           
びちょ濡れになってても
楽しく笑いながら帰りました。

また、挑戦したいと思います~
  

2019年7月2日火曜日

鹿児島県南さつま市片浦 黒瀬のクロ釣り





  
  投稿者名 柿添 賢さん
  お住まい 鹿児島県
  日時 2019年04月14日(日)
  釣り場 南さつま市片浦 黒瀬
  釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 晴れ
 魚種 メジナ  30~43㎝ 4尾
 使用したハリ グレ(メジナ)ブロンズ 4~6号
  


鈎の変更で食い渋りの良型クロをゲット!
  
九州真ぐれ会 鹿児島支部の大会を開催。
南さつま市片浦 黒瀬。
大会当日は好天に恵まれ
久しぶりの釣り日和となりました。
           
6時30分に野間池、裏の浜を出港し
黒瀬に向かって行き、瀬上がりが始まった。
今回は食い渋りが予想されるので
撒き餌、仕掛は全層に対応。
鈎は金龍鉤
グレ(メジナ)ブロンズ6号をセットしました。

https://www.kinryu-hline.co.jp/?p=238

   
釣座に立ち、撒き餌を撒いて海を覗いてみると
下げ潮がゆっくり左に流れていて
いい感じの潮!!
      
上層ではアタリが出ないまま
仕掛が1本半ほど入ったときに
ラインを10㎝ほど持っていく
小さい当たりがきたがアワセが合わない。
           
食い込みが浅いと判断し鈎を
グレ(メジナ)ブロンズ5号に変更!!
         
入れ込んでいくと同じ様に
ラインにアタリがきました。
すかさずそこで合わせを入れると
今日、初降ろしのBBX-スペシャル
に乗ってきました。
                  
大きくはないが、
心地良い締め込みが返ってきた!!
引きを楽しみながら浮かせたのは
35センチのクロでした。
            
同じ要領で1本半ほど入ったところで
ラインにアタリがきました。
           
グーンと竿に乗ってきた!!
何度かの突っ込みを交わし
浮かせたのは43㎝のクロ。
潮止まりまでに4枚追加できた。


  
グレ(メジナ)の刺さりの良いハリ先と
深いふところの安定感で
クロを釣ることが出来た。
      
9時30分頃になり最干潮になると
潮の流れが緩んでアタリが
遠のいてしまった。
                        
上げ潮の時刻になっても潮は動かず
お手上げ状態になった。
                
この後
ヘダイ、アオブダイ、イズスミ、オジサンの
五目釣りになった。
            
久しぶりにクロの引きを味わい、
磯の雰囲気を満喫出来て
満足の釣りとなりました。
         
楽しんだ瀬を洗い
迎えの嘉栄丸に乗りました。








撒餌 ヒロキューのオキアミ2角
   GMAX
   磯マスター遠投を各1袋
   オキアミ1角を細かく
   つぶし混ぜ込み
           
ライン キザクラセミフロートインパルス2号
ウキ ケイズグレビスST0シブ
    (バランサーで浮力調整)、
    Jクッション水中
ハリス 全層ハリスト1.75~2号






2019年7月1日月曜日

茨城県 鹿島灘ヘッドランド小宮作の黒鯛ウキフカセ釣り




 投稿者名 我妻総一さん
 お住まい 茨城県
 日時 2019年06月23日(日)
 釣り場 茨城県 鹿島灘ヘッドランド小宮作
 釣り方 ウキフカセ
 天候 曇り 18℃ 中潮
 魚種 黒鯛 52cm
 使用したハリ 勝負ちぬストレート 2号
  勝負ちぬ渚釣り専用 2号


梅雨入り辺りから
鹿島灘ヘッドランドの黒鯛も
トップシーズンに突入する中、
6/23にNo.6小宮作ヘッドランドに
釣行して来ました。
         


既に他の地域では、
大型があちらこちらでしとめられているのに、
今年の小宮作では数は出るものの
中型までが主流となっていて
まだ大型はしとめられていない状況です。
        
当日は前夜に通過した低気圧の影響が残り、
風、波、流れに濁りも入り
いかにも釣れそうな雰囲気でした。
 
朝満潮の為、潮が下げるまでは
内側を4名で釣る事になりました。


           
コマセはオキアミ3kに
定番のチヌベストを2袋。


           
仕掛けはG2の浮きと
2ヒロ取ったハリスの中程にガン玉を打ち、
鈎は勝負ちぬストレート2号で
掛かり重視で大型を狙います。

https://www.kinryu-hline.co.jp/?p=98

         ココをクリック ↑↑
                          
始めに足元からのヨレと流れの壁に
多めのコマセを切りながら絶え間なく撒き、
魚を呼び込んでいきます。
 
仕掛けを潮上から入れ、流しながら
ヨレの壁に吸い込ませ
張りながら流れに合わせて
順番に流していきます。
         
7時頃潮下の高木氏の竿が曲がり
アベレージサイズの35cmが釣れ、
にわかに活気付いて
コマセを撒く手に力が入ります。


          
フグも大人しく
あまり気になりませんでした。
        
9時頃またしても高木氏にヒット。
今度はサイズアップした様子で
竿が大きく曲がっており
中々浮いて来ませんでしたが
山本氏のサポートで44cmが
タモに収まりました。


           
今度は私の番と場所を交代してもらい、
仕掛けも2Bに変え、

https://www.kinryu-hline.co.jp/?p=52
ココをクリック ↑↑

根掛かりを回避する為に
勝負ちぬ渚2号で、
オーバーウエイトを潮の壁から
弾かれないように
何度もコントロールしながら
流していくうちに、
潮位も大分下がり
右に曲がっていた流れが、
真っ直ぐに流れだしたので、
壁の外側から仕掛けを入れ
コマセと合わせて50m位流した時に
「グ~ン」
とラインが引っ張られました。
        
「来たよ」
っと叫びながら
大きく竿を立てると
00号の竿が満月に弧を描きました。
 

               
急いで前のテトラに駆け登り、
リールを巻き出すと
かなりの重量感が伝わって来ました。
 
鈎とラインを信じ、魚が抵抗する引きを
十分に楽しみながら
ゆっくり寄せて来ると
大きな魚体が水面を
割って出て来ました。
      
急いで高木氏がサポートに入ってくれ
無事にランディング。
直ぐに計測すると52cmありました。



         
向こう合わせに最適な鈎は
ガッカリ口を捕らえていました。
ひさしぶりの年無しに
何度見ても嬉しさと
感動が込み上げて来ました。



直ぐに次を狙いたいのですが、
場所を譲りしばらく見学していると、
今度はテトラから竿を出していた
滝田氏にヒット。



       
すかさず私がサポートして
44cmが釣れました。


       
その後私にフッコがヒットしたものの
当たりが遠のいたので納竿としました。