2019年9月12日木曜日

山口県 周防大島のチヌ釣り






  
  投稿者名 大野純子さん 
  お住まい 広島県
  日時 2019年09月05日(木)
  釣り場 山口県・周防大島
  釣り方 フカセ釣り
 天候 小潮  干潮6:51 満潮13:10
 魚種 チヌ
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン 1号  
  


釣り友さんとの月一釣行。
  
八月下旬からしばらく続いた長雨のせいか、
水潮気味の今日この頃のため、

渋い中で 何とか1枚チヌを釣ろう

というコンセプトを無理くりあげて、
まずは陸から湾内を覗きこんで、
チヌは見えても釣れたことがあまりない、
周防大島の弁天埠頭で
竿を出すことになりました。


    
ただ、この日は、
上から見てもフグ1匹見つけることもなく、
どんよりして雰囲気がかなり悪い...。
            
グルっと埠頭をチェックし、
ちょっと竿を出すも、
湾内はほとんど死んだ沼状態。
          
いやいや、
こりゃ日暮れまでやっても
釣れる気がせんわ
         
と、釣り友さんは早々に見切りをつけ、
近くにある椋野漁港へ場所移動。
            
ここは、フカセ釣りを始めた頃に
練習で行ったことがあり、
その時は初心者ながら3枚くらい
釣れた記憶がある釣り場。
          
波止は、高めの柵があるところと
低めの柵があるところの二ヶ所があり、
私たちは低い柵があるところで
竿を出すことにしました。
   
私がチョイスした釣り座は
右側が河口になっていて
左に向かって
深くなっている感じ。          
  
かけ上がりを狙ったら、
何か釣れるかもしれない??
釣り友さんは、
低い堤防の左端から、
左側の波止スレスレを流していく段取り。
     
ただ...
見た感じ、沖までの海の色が濁った緑色で、
水潮モード全開みたい。
              
何か、微妙な気がする...
                
とウダウダ言ってはみたけど、
まぁ、とりあえずやってみて
それから考えようと、
そういうことになりました。
とりあえず、かけ上がりを狙ってはみたけど、
風が向かい風なのに加えて、
あて潮かつ水潮で
上潮が滑りまくっているため、
結構難しい~。
        
遠投気味で投げるも、
向かい風と潮のあて潮パワーで
あっという間に足元に仕掛けが流されてきて、
あまり釣りにならない感じ。
            
ガン玉を重めにしたところで、
コマセは上潮が滑っているから
そのままサラサラ流れていっているし、
こりゃ、私には難し過ぎる
エキスパートコースみたい。
 
釣り友さんに聞いても、
流せども何のあたりもないらしい。
                
11時ちょっと前くらいに、
仕掛けを足元に落として
仕掛けを止めていた時、
ラインが思い切り走り、
嬉々として釣りあげた魚は
塩焼きサイズの真鯛。



このチビ真鯛が釣れた後、
ここまで水潮がひどくては、
ここで本命のチヌが釣れる気がしない
ということになり、
柳井の河口に移動となりました。



釣り友さんは、ちょっと深めのとこ、
私はそこからちょっと離れた
釣り友さんのポイントよりは
少し浅めなとこで釣りを再開。
            
竿は0号、ハリスは1.2号、
使用した針はいつもの
金龍針 ネリエ&コーン1号です。



あと少しで満潮を迎えるため、
潮はまだ上流に向かって流れていて、
流れに乗せて右から左に流していくも、
魚たちには全く相手にされず、
そのまま仕掛けを回収。
とにかくあたりがない...。
        
このままだと、
本当に1枚なんとか釣って、
ボウズだけは逃れたいけど、
ここまであたりがないとちょっと寒気がする。
            
これは、気分を変えるべく、
 
弁当タイムじゃーーー
ということになり、
潮止まりに釣り友さんとランチタイム。
    
釣れんねーー
と、話しながら、弁当を食べ終えた頃、
川の流れは下流に向かっておりました。
          
潮が変わったから、
いいことあるかもね
  
と、早速釣り再開。
まずは、釣り友さんが
おっしゃーーー
と、チヌを釣り、
3枚釣ったら
この場所を譲ってやってもええでーー
          
と、得意満面な顔を向けられました(笑)
    
まぁ、釣り友さんが釣ったチヌも
もれなくもらえるので、
釣り友さんには魚を釣って
なんぼと焚きつけて頑張ってもらわないと。
     
それから、
川の流れがもっと速くなってきたので、
ガンダマをBにし、
ペタペタにやわらかくした練り餌を付けて、
練り餌が飛ばないよう、
気をつけながら、仕掛けを投入。



そうしたら、
気持ち良く
スパン!!
と仕掛けが走り、
ようやく私もチヌが釣れました!!



このチヌから、
同じ日と思えないくらい急に
チヌがバタバタと釣れだしましたーー。
    
そして、40分くらい
また鳴かず飛ばずだったのですが、
流れが緩めの時に、
小さめのガンダマをナビ下に1点打ちし、
ちょっと大きめの練り餌を付け、
ゆっくりゆっくり仕掛けを落としていったら、
またもや
スパン!!
っと仕掛けが入り、
しかも、今度はかかった後に
こちらに寄せてこれない!!
                
この日は竿は0号を使用していて、
ハリスは1.2号。
どう考えても大物以外に考えられないけど、
ラインブレイクだけは回避したい釣り人心。
           
0号竿は思い切り曲がっていて、
悲鳴をあげております。
              
とりあえず、長くやり取りをして
魚に弱ってもらおうと、
ちょっとずつ寄せてくる感じで
時間をかけて足元まで引っ張ってきて、
ようやく取り込むことができました。



何だか顔つきが
年なし顔だったので、
とりあえずサイズを測ってみたら、
なんと50cmジャスト。
なかなか取り込めなかったはずです。
  
それからあたりは激減したものの、
ラストに1枚チヌを釣って、
本日午後からの釣果はチヌ7枚でした。
         
年なし以外にも、48cmが釣れたりと、
大きなチヌが潜んでいる...
そんな河口でした。
          
どのチヌも
練り餌をおもいっきり飲んでいて、
最近はモゾモゾあたりが多かったので、
久々に
スパン!!
とくるあたりからやり取りまで
ずっと楽しめる釣りができました。
        
そうそう、今回釣れた餌は
練り餌のみでした。
 
釣り友さんと私で結構数が釣れたので、
チヌは塩焼きサイズだけを持ち帰り、
他はリリースです。



自宅に戻ってから食べた
チヌの塩焼きの美味しかったこと。
ここ最近、快晴が続き、
水潮もおさまっていそうなので、
次回の釣行が楽しみです!
   
  
9月5日(小潮)
干潮 6時51分
満潮 13時10分
竿:シマノ 極翔黒鯛 0号
針: 金龍針 ネリエ&コーン1号

2019年9月3日火曜日

広島県 海田市 海田大橋河口のチヌ釣り





  
  投稿者名 稲田裕俊さん 
  お住まい 広島県
  日時 2019年08月25日(日)
  釣り場 広島県 海田市 海田大橋河口
  釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 曇りのち 小雨
 長潮 干潮11:03満潮18:16
 魚種  チヌ 29㎝~41㎝ 5枚
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン 
 


連日のゲリラ豪雨に テンションはダウン
  
週末まで釣りに行こうか 行くまいか
天気予報と にらめっこ…
あっ~
今日は雨降っていない 
曇り~
悩み続けて
ジッと出来ずに行って来ました~
            
大雨の影響は酷く
半端無い程 海は濁りが凄く
透明感 ゼロ!!
釣れそうに無い雰囲気でした…
          
おまけに 潮が悪く長潮
トロ潮で釣った試しが無いような気がする…
けどいい・・・
釣れ無くても
海行くだけで癒されるから。
          
いつも通り オキアミからスタートしたけど
全くアタリは無し
         
すぐに練り餌に替え
餌取りも居ないから
濁りの中でも目立つ単色イエローのみで
攻めてみました。
           
1投目 底に付いて
ある程度流して 張って待ってたら
ラインが ビュ~ン!!
来た来た!!
 


やっぱり濁ってて予想通りチヌはジッと
底付近に居ました!!
・・・が 型は小さく30㎝ぐらいでした。


          
連発に期待したけど この海の状況では厳しい。
 
30分程 間が空き辛抱の釣りに…
耐えに耐え沈黙を破り また来た~
         
けど 型は小ぶり・・・。
          
その後は パッタリ アタリが無くなり
変化の無い地形はダメと諦め見切りを付け
橋の下に移動…
    
見ると 橋脚付近が潮がヨレ いい感じ


         
一ヶ所だけ 水面が鏡の様に 波も無く
ペターっとしてました。
怪しい…
 
ピンポイントに仕掛けを投げ込み
今度は潮があまり早く動いてなかったから
ひたすら流してたら
ラインがバチバチっと一直線!!
移動したのが正解・・・
ん?
重量感無い??
またまた小さいチヌでした…参ったな~
      
良型が欲しくて色々エサに
変化を付け オキアミの色を変えたり
練り餌を色々な色と混ぜてみたりと…
変化を付けるなら仕掛けも・・・
と思いどうも水潮でウキの浮力が気になり
浮力を上げたのが またまた正解!!
         
ウキは0から0シブと釣り始めは良かったけど
時間が経つにつれ 酷い水潮だったので
G2に変更。
来た~今までと違う重み 凄い力で引く!!


        
上がって来たのは 40前後の納得サイズでした~
久々に思い通りの釣りが出来たかな…




            
けど 型だけは選べず自然には勝てませんね。
楽しい釣りでした~
 
この日使用した鈎は
金龍鈎 勝負チヌ ネリエ&コーン1号
毎回釣行の際 黄色鈎が手放せませんね!!



鈎先端の鋭さは最強です
       
口皮 1枚の場所でも キッチリ刺さり
安心して やり取りが楽しめます。
皆さん 是非 金龍鈎を試してみて下さい。
納得する鈎です!!


2019年8月24日土曜日

茨城県 鹿島灘エリア「台浜」のクロダイ釣り








  
  投稿者名 黒澤一天さん 
  お住まい 茨城県
  日時 2019年08月18日(日)  釣行時間 07:00~17:00
  釣り場 鹿島灘 台浜
  釣り方 ウキフカセ釣り
 天候・潮・水温 晴れ 水温:24℃ 潮:中潮 波:1m
 釣果 クロダイ40cm・49cm 2枚
 使用したハリ 勝負ちぬストレート4号~5号

日本各地、30度を軽々超えてしまう
猛暑が連続的に続いています。
       
茨城県では
相変わらず元気なのは鹿島灘の
クロダイぐらいです(笑)
       
釣行当時
金龍鉤スペシャルスタッフでもあり、
私の師匠の「伊藤 武さん」に
同行させていただきました。
          
この時期は茨城県一体にある河口も
高釣果が出るので捨てがたいのですが、
新たな釣り場開拓の意味も含め、
夏季の鹿島灘エリアの台浜へ
釣りに出かけました。






現場へ着くとルアーマンの他に
いろいろな釣りを楽しむ釣り人が、
先に釣り場に入っており、
状況を伺うとなかなか厳しいようで
まだ釣果は出ていませんでした。

釣り場周辺を見渡すと時折、
ギラン!ギラン!とする魚体を発見♪
 
砂濁りが入っている、
かなり浅いところでギラギラしている模様。
  
伊藤さんも早々にその魚体に気づき、
2人で間違いなくクロダイだと確信していました。

釣り座を決め、釣りの段取りを済ませ、
釣りスタートです!
 
スタート当時は北風が吹いていて
とても涼しかったのですが、
すぐにやんでしまい猛暑の中、
熱中症対策を万全に行い
夏クロダイに挑みます。
 
用意した付け餌は、
エサ取り対策を兼ねて
大量のネリエサと
大ぶりのオキアミを用意。

釣りをスタートしてからすぐに
フグの猛攻にあい、
オキアミは愚か、
ネリエサまで瞬殺の状況(汗)
  
こうなれば付け餌は
ネリエサにしぼり
釣りを組み立てて行くしかありません。
         
コマセワークでのフグ交わしも
ほとんど効果がなく、撃沈(汗)
         
このような状況はコマセを撒くのが
おろそかになるものですが、
私はコマセを頻繁に撒くように心がけて
ネリエサの投入タイミングをずらしながら
釣りをしていきました。
   
タイミングを図りながら投入し、
波が抜けたタイミングでラインを張り、
一瞬ネリエサが浮き
打ち返す波にラインを緩まし気味で
打ち返す波についていくと
一気にウキが沈み手元まで
ダイレクトにアタリが伝わります!
   
間違いなく、
水面でギラン!ギラン!
しながら顔を出していたクロダイです♪
   
竿を立て右に回り込まれそうになったので
煽り進行方向を沖に向け、
ラインを緩めてから私はポジション移動をし、
クロダイの間合いを詰めます!
            
竿を締め上げ、
浮いてきたのは元気な夏クロダイです。
  
若干波が入ってきていたので
周りで釣りをしていた方に
手伝ってもらいながらランディング成功!









         
年なしを少しかけてしまいますが
堂々の49cm、銀ピカの綺麗なクロダイです。


   
私が使用していた
「金龍鉤 勝負ちぬ ストレート 5号」
がガッチリ、クロダイの唇にかかっており、
通常ならバラシかねないフッキング位置ですが
全然心配なくやり取りできました。



        
ランディング後のクロダイから
鉤を外そうとした時も
唇のわりにはなかなか外れなく、
ここまで深くフッキングしているのであれば
安心です。
 
その後も、
相変わらずエサ取りのフグは厳しい状況。
         
苦戦している私の横で
今度は師匠の伊藤さんが竿を曲げます!
           
伊藤さんは
相変わらず余裕のやり取りで
上がってきたクロダイは40cmと
小ぶりでしたが、
更に厳しくなったエサ取りの中から
クロダイを引き出す技術に魅せられました。
 



          
ダブル釣果に恵まれ、
暑さもエサ取りも厳しいので
早めの納竿といたしました。
            
今回のヒット要因は
とにかくエサ取りのフグが
大きく油断していると4号サイズの鉤でも
飲まれてしまい、回収するたびに
鉤結びになってしまうので
私はなるべく大きな鉤を使い
手返しを多くしたのが
ヒットの要因だったのではないかと
感じます。
           
暑さは厳しさを増しますが
しっかり熱中症対策をとり、
また夏クロダイに会えるよう
釣りに出かけたいと思います。
               
私のブログでもこの日の釣行を
UPしていますのでよろしくお願いします。
黒澤一天の...「クロダイ修行!?一天勝負!!」
http://blog.goo.ne.jp/03220429

茨城県久慈川河口 黒鯛ウキフカセ釣り





 投稿者名 佐川 真人さん
 お住まい 茨城県
 日時 2019年07月14日(水)15日(木)
 釣り場 茨城県久慈川河口
 釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 14日 雲のち雨 15日晴れ
 魚種 14日 クロダイ  32~36㎝  8 枚
   伊藤さん クロダイ 32~35㎝ 3枚
   渡辺さん クロダイ 33㎝  1枚
 16日 クロダイ 32㎝ 1枚
   伊藤さん クロダイ 32~34㎝ 3枚
 使用したハリ 勝負ちぬ渚釣り専用ステルスグリーン3号
 勝負ちぬストレート3号、2号


8月14日
久慈川河口に
釣り友の渡辺さんと行って来ました。
 
渡辺さんが最近
久慈川河口で高釣果をあげていまして
それを聞き
私もご一緒させてもらうことにしました。


              
私の師匠で
金龍鉤スペシャルスタッフの
「伊藤 武」さんから電話があり 
来て下さるとのことで
久しぶりの師匠との釣りなので
嬉しくてドキドキもしていました(笑)
            
駐車場に着いて準備をしていると
師匠の登場です!
( ̄□ ̄;)!!
  
挨拶もそこそこに
一緒に渡辺さんが
先にやっている場所までいきました。
すると渡辺さんが玉網で必死に
何かをすくおうとしていました。
             
伊藤さんが
「でかいの上がったんじゃないか?」
って事で急いでサポートに向かうと
なんやら様子が、、?
なんと
時たまくる大きなウネリでバッカンが落下!
( ̄□ ̄;)!!
              
状況が把握でき伊藤さんと私とで
バッカン救出作戦開始です‼️
ズボンが濡れましたが
なんとかバッカンを救う事ができました。
驚いたのがコマセが残っていた事でした(笑)
(゜ロ゜ノ)ノ
             
渡辺さんに海の様子を聞くと
当たりが出始めて何枚かばらしたとか!!
それを聞き気合いが入ります🎵
          
鉤は勝負ちぬ3号、2号と
勝負ちぬ渚3号を各自にセット!



              
どこに入るか悩んでいましたら
伊藤さんが
「あそこの潮筋いいよ!佐川君入ってみたら?」
って事で素直にそのポイントに
入りさせてもらいました(^^)d
  
するとどうでしょう。
三投目ですぐさまヒット!!
思わず
「師匠〰️来ましたぁ〰️っ」
て叫んでました(笑)
             
魚をかけてからも
いなし方や竿の角度など
ご指導してくれたお陰で
前より断然早く寄せることも出来ました。
           
それから連発でき
8枚あげることができました。



        
師匠の潮の読みは
半端じゃありませんね!!
渡辺さんも
ばらしが何枚かありましたが
一枚あげることができました。


       
伊藤さんは私達に
レクチャーしながらも確実に
三枚をあげていました。
やはり凄いの一言です❗




    
釣れた黒鯛の口には
がっちり勝負ちぬ、勝負ちぬ渚が
刺さっていました!
勝負あり!ですね!
    
すると
これからってときに南側から怪しい雲が!!
伊藤さんが
「南側の建物が見えなくなったから
強い雨来るぞ!」
 
っと言った数分後ポチポチとなり始め
しまおうかと思ったらザァー‼️( ´;゚;∀;゚;)
びしょ濡れに!!(笑)
         
ですが、暑かったので心地よく
天然シャワーをみんなで浴びながら
急ぐ事なくかたずけをしました。
            
火照った体もちょうど良いくらいに
冷やされ
笑いながら三人で納竿して帰りました。

      
8月15日
またまた久慈川河口に
釣り友の渡辺さんとやって来ました!
        
今日はいつになく
太陽ギラギラの完璧な猛暑です。
            
気合いを入れ 釣り場まで行くと
なんかダルさがヤバいので
私は一旦車に涼みに戻りました。
すると釣り友でお世話になってる
先輩の小◯さんに会いまして
冷たいコーヒーの差し入れしてくれました。
助かりました。ありがとうございましたm(__)m
          
車でゆっくり涼んで回復して
釣り場に戻ると渡辺さんがばらしたとか!!
      
それを聞き
また気合いを入れ用意を済ませ
始めていると、あまり風もなく汗だくに!
( ´;゚;∀;゚;)
 
そんなとき、私の師匠伊藤さんからの電話です!
予定していた釣り場が悪コンディションなので
久慈川河口に来て
冷たい飲みものを買ったきてくれたとか!
        
「神様〰️!」
って思っちゃいましたぁー(笑)
       
伊藤さんから差し入れを頂き
また体力が回復しました!!
また三人で攻めていると
昨日より流れも早く、段々向かい風や潮が
あててくるのも強くなり
思うように出来ませんでした。


                
すると、伊藤さんの竿が曲がってます‼️
流石です!



 
なんなく一枚あげるとまたヒット!
連発し三枚あげていました。
              
このタフコンディションの中
釣り上げる師匠は
やはり凄過ぎると思いました。
          
そして伊藤さんが
「佐川君仕掛けを変えてみな!」
とゆうことで また細かくレクチャーしてくれて
極端なセッティングってのを教わり
   
かなりオーバーウェイトにした仕掛け❗
ですが やり方がありそれを見よう見真似で
やってみると当たりが‼️
 
「ゴゴン」すかさずあわせてフッキング成功です!
「師匠〰️ぎだぁ〰️」って
また叫んでしまいました!(笑)
                   
どう攻めても歯が立たなかったのですが
釣れる事ができました!
            
勝負ちぬ3号が口に
がっちりかかっていました!
やりました!


        
嬉しくて満面な笑顔になっちゃいました!(⌒0⌒)
また引き出しが増えました!
師匠ありがとうございました!
                        
そのあと何回か当たりがあったのですが
のせる事ができずまだまだ勉強だと感じました。
                    
渡辺さんは何回か当たりがあったのですが
やはりのせられなかったみたいでした。
この日は用事があり
早めにあがることになり
みんなで納竿としました。
    
今回も師匠のお陰で
貴重な釣法を教わることができ
良かったです。



本当にに楽しかったです!
三人でまた笑いながら堤防を歩いて
帰りました。

釣りは楽しく楽しくですね!!
また挑戦したいと思います。




広島県廿日市市 宮島渚のチヌ釣り







  
  投稿者名 稲田裕俊さん 
  お住まい 広島県
  日時 2019年08月11日(日)
  釣り場 島県廿日市市 宮島渚
  釣り方 ウキフカセ釣り
 天候 天候 晴れ
 風 0.5〜1m
 魚種  チヌ30〜45㎝ 11枚
 使用したハリ 勝負ちぬネリエ&コーン 
 



猛暑が続く灼熱地獄にも関わらず
宮島渚釣り行って来ました。
  
広島で渚釣りと言えば 宮島渚と言うぐらい
人気のポイントかな….!
               
船長 いつもより30分早く出船してくれた
お陰で 一番乗りで渚に上陸。



ココの渚はド干潮になると
手前から竿1本程で徐々に駆け上がりになっていて
近いポイントで楽しめるので最高です。



この日は満潮5:06干潮12:02と
朝一は潮が高く釣りにくいものの
ドンドン引き潮になるから楽しみ!
             
1年ぶりの渚釣り ワクワク 期待度 100%
もう釣りたくて釣りたくて サッと準備し
            
さぁ〜           
先ずは オリジナル漬けオキアミ第1投目
潮の動きの意味合いもあり30〜40m付近に
遠投…  やっぱり…潮は右から左へ
ココの場所 引き潮になると当て潮になり
釣りならない。
           
て事で  2投目50m付近に
仕掛けを入れ ゆっくり流して行き
釣り座正面を通り過ぎ 食って来るなら
ココとイメージしてたら 食った!
             
糸ふけが少しあったけど一気に無くなり
ビシっと!ラインは一直線
引きは そこそこの良型っぽい
遠投して流してたから やり取りの時間も
長く 最高に楽しい〜
            
 ココで 安心して
やり取りが出来る 何故なら…
発売当初から長年使用してる 金龍鈎!
鈎の鋭さ 刺さり 食い込み抜群です!
短軸なので折れる心配無いです!
この日使用した鈎は
金龍鈎 勝負チヌ  ネリエ&コーン1号です。
        
納得する鈎です!最強の鈎!
是非皆さん 試してみて下さい。
    
やり取り十分楽しんで上がって来たのは
本命のチヌ!






いつもながらレギュラーサイズ
最先良く釣ったから 手返しよく 再度
ポイントに投げ込み待ってたら 元気がいい〜
           
前アタリも無くラインは またまた
バチバチっと一直線!竿に乗った瞬間
レギュラーサイズと確信したけど
元気が凄い!強い引き!
              
巻いては 突っ込まれ また
突っ込まれと 楽しいやり取り…
            
開始20分で早くも2枚 この調子で釣れて欲しい…
          
願いは 叶い
その後も あまり間が
空くことも無くコンスタントに釣れ続け
気付けば5〜6枚
          
久しぶりの達成感。
まだまだ釣りたく水分補給だけして釣り再開。
              
少し撒き餌を入れ続け
場が潰れたのか 食いが悪くなり
 場を休める事にし
一旦休憩〜。
  
昼前だったので
早飯に… 1時間程場も休んだから
ボチボチ良いかなっと思い
納竿14時まで頑張る事に…。
              
ちょうど昼ド干潮で
潮止まりで 何投か投げ続けたけど食わない
ネリエからオキアミ ローテーション
繰り返したけど食わない!
             
距離を変え手前付近を攻めたいけど
根掛かりは確実!
砂浜で根掛かり?っと
思いますけど
   
ココの渚、古くなった筏を
砂浜に上げ野焼きするのです。
筏の残害が海底に沈み根掛かり多発です。
これには 本当悩まされます。
             
て事なので
距離は変えず ポイントを少しずらし攻めました。
潮止まりから潮が逆になり
ずらして攻めたのが正解!
            
朝一のように
入れ食いまでは 行かないけど
 引ったくるアタリが連発!




型の方は 30〜40㎝前後を
4〜5枚追加 この時期夏チヌ 超小型が
釣れてもおかしく無いのに この日は
1枚だけでした。良い引きを楽しめ最高でした〜。